太った太ったリバウンドで太った

やっぱりダイエットって痩せた後が肝心です。

痩せた後の生活をどれだけ健康的に過ごすか。

 

私は以前の生活に戻してしまったので、どんどんリバウンドして、

元の体重に戻りました。

 

あれほど頑張ってダイエットをしたのに。。。

 

従ってもう一度同じことをしてダイエットに臨みたいと思います。

 

食事制限、ウォーキング、腹筋。

夜炭水化物抜きダイエット

 

春なので頑張れるかな。

風邪を治さなきゃな。。。

1カ月で5キロまずは痩せるぞぉ!

 

 

 

ダイエット10キロに挑戦!!

  • ダイエット10キロに挑戦します!!!

実は先週、ずーっと悩んでいた尿管結石が・・・ついに出ました!!!

 

これで気兼ねなくダイエットに打ち込めます!!!

(まだ腎臓に石の赤ちゃんがいるらしいので水分はたくさん摂り続けます!!)

 

したがって今7キロ痩せたので、あと3キロでマイナス10キロ!!

 

ここまで来たらウォーキングで体重を減らすか!

 

夏も間近!!ウォーキングと水分たくさん摂るダイエットするぞ!!!

短期間で5キロ痩せるダイエット

もう間に合わない!

〇〇までに5キロ落とさなきゃ!!

 

そんなあなたにお勧めなのが「ダイエット5キロ短期間で痩せる方法」です。

 

参考にしてみてください。

 

でも短期間で痩せるにはデメリットもありますから、そのあたりも説明されていますので参考にしてみてください。

 

尿管結石いまだ治らず・・・

大分前に投稿した尿管結石の話題ですが。

実はまだ治ってません。。。

 

手術(破砕)まで決まったんですよ。

そして入院+手術日当日に、検査をしたら、大分下の方に来ちゃったみたいで、(その前の事前検査より移動しちゃったみたいで)

 

手術当日(本当に手術の前)に

「移動しちゃってレントゲンにきれいに映ってないから手術きびしいね。中止かな」っておいおい!!

 

そして1か月後、CTをとって正しい位置がわかってから手術しましょう。って。

 

おいおい!結構気合い入れて病院に行ったのに。。。

 

看護師さんにまで、座薬をおしりに入れてもらったのに。

 

帰れと・・・

 

 

はい。帰りました。そしてまだ痛い日々は続いてます。

 

そんな緊張のせいもあったせいか、少しやせました・・・笑

 

健康的に痩せないとだめですよ!

 

早く石よ出てこい!

ダイエットには病気はつきもの?

ダイエットを正しい方法でやっていかないと病気になる可能性もあります。

そんな私も病気になりました。

 

病名は「尿管結石」です。

 

ダイエット中、水分を多くとらなかったことが原因です。

多くとらないというのは、ダイエット前と同じぐらい水を飲むんでも、多くとっていないこと、むしろマイナスなのです。

 

ダイエット中は、食事制限や運動をしますよね。

食事には水分も含まれているので、ダイエット前と同じくらいの飲み物を飲んでいるとしたら水分取得は少なくなっていると言えます。

また、運動をすることで、汗を流しますよね?汗を流した分以上水分を取らないといけないわけです。

 

で、なぜ水分と尿管結石が関係してくるかというと、日本人のほとんどの人が腎臓に石の子供を抱えています。

普通はおしっこと一緒に流れていきますが、水分を取らないことで、腎臓で育ってしまい、大きくなり、尿管に詰まることで、尿管結石になるわけです。

 

ダイエット中は水分を多くとるように心がけましょう!

 

ストイックも必要だがご褒美もあげる

ダイエットって言ったら、毎日うんどうをする!とか、⚪︎⚪︎をたべない、⚪︎⚪︎だけ食べる!
とか、いろんなところで、制約というか、しなければいけない!のように縛られるわけです。

これを守って従順に従ってダイエットを行えば痩せることは絶対にできます!
痩せないほうがおかしいです!

ただ、この方法だと成功した後にリバウンドする確率が高いようです。

私も一時期、ある目標に向かってダイエットをしていました!もちろんしなければいけない制限をかけて。
どんな制限かというと、毎週ジムに通う!朝ごはんは抜く!高カロリーなものは食べない!といったものです。

私はそれを守り続け10キロ痩せることができました。

しかし、目標を達成した時点で、ご褒美を与えました。好きなものを食べる!少し運動を控えよう!

すると今までのうっぷんが晴れたせいか、それが癖になり、食事制限もしなくなり、運動も全くしなくなりリバウンドで15キロ太ってしまいました。仕事が忙しくて運動ができなかったり、ストレスで食べてしまったことも影響しているかもしれませんが。


ご褒美はあげていいと思いす。
ただあげるタイミングが、ダイエットに成功したタイミングではなく、定期的にあげるのです。

たとえば、夜炭水化物を抜くダイエットを毎日する!しかし、土日は炭水化物を食べて良い日、ご褒美の日にしよう!
と言ったように定期的にご褒美をあげるのです。

これをやることで、ストレスを軽減でき、土日まで頑張ろう!とモチベーションが上がります!

しかし、間違えてはいけないのが、土日にご褒美をもらったのに、月曜日も、たまにはいいか。と言った甘えが出てくるかもしれません。

ここで。前回お話しした、1人ではダイエットをするな!が登場するわけです!
もし、奥さんや旦那さん、親がいれば、その人に止めてもらいましょう!
止めてもらうために一筆、サボった時の罰を書いておくのです。お小遣い減らしますとか。


話は元に戻しますが、ダイエットにはご褒美を与えてください!
ただ与えるタイミングと期限を明確にすることが大事です!

ダイエットがんばりましょう!

ダイエットは一人でするな!

ダイエットって、成功する人、途中で投げたしてしまう人、成功したけどリバウンドする人の3パターンに分類できると思います。

成功する人とそうでない人では、ダイエットの習慣、モチベーションが明らかに異なっている傾向にあるそうです。


では、なにが違うのか。
今日から成功するための習慣について一つずつ紹介していきます!


⚫️ダイエットは一人でするな!

まず、タイトルにもある通り、ダイエットは一人でしてはいけません。

人に伝えたり、手伝ってもらうことでモチベーションが変わってきます。

例えば、恋人、好きな人が行く高校、大学に自分の今の力では合格できない!そのためには勉強をがんばりますよね!
恋人と同じ目標を持ち、言葉で伝えることで、合格することが義務になります!

義務なわけですから、勉強をやらざるを得ません!

話を少し変えますが。
一人暮らしのニートで、話したりする友達もいなく、毎日家に引きこもっている人、よくいますよね。ああいう人は社会において行かれた。
叱ってくれる人もいないし、情報を共有して楽しさやうれしさを分かち合えず、鬱になる傾向があるそうです。
その一番の解決策が人と話すことなんです。
人と話すことで、自分の知らない情報を仕入れることができたり、また喜怒哀楽を共有することができるわけです。

ダイエットも恋人、友人、smsを通じてみんなに伝えることです。
伝えることで、やらなかった時のプレッシャーを味わうことになります。
それが、ダイエットを続けるための糧になるわけです。

もちろん、ダイエットの辛さや愚痴を話したり、プログ等で書いていいです!話したり書くべきです。

それによって、ダイエットのストレスが少しでも軽減されるわけですから。


従って、ダイエットをする場合は一人で抱え込むのではなく、誰かに宣言したり相談したりして、1人では絶対に行わないようにしましょう!
これが長続きする習慣です!